東京散歩クルージング
略して“TSC”(Tokyo Sanpo Crusing)“パリよりもNYよりも東京は面白い”をテーマに、クルージングコースやショップ情報、東京の裏ワザを公開する散歩バカの戯れ言ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
散策の記録【2】天童木工PLYの長大作!
20051111002124.jpg

20051111002143.jpg


午前中、取材のため駒沢にある「天童木工PLY」へ。

日本が世界に誇るファニチャーブランド、
天童木工の名作アーカイブを揃えるだけでなく、
エクスクルーシウ゛な別注アイテムや
レアなデッドストックも販売。
オープンから1年経って、
ジャパニーズ・モダンの殿堂的な風格も十分。
窓から差し込む自然光もかなり気持ちいい。

久々に訪れた店内で、先日の「100% DESIGN」の時に
ゆっくり見れなかった長大作の名作「低座イス」の
限定バージョンにゆるりとシットダウン。
発売45周年を記念して長大作自らがフレームと
シートカラーを選んでリファインした名作は、
古さを微塵も感じさせない、まさに永遠のエバーグリーン。
一瞬、クリストフ・ピエの作品かと思ってしまうほど、
現代的な顔ツキに。

「これから、予約を受けつけるので(笑)」

ぼうっとした頭に、斜め45度後方からの悪魔の囁き。
3パターン展開で各色45台限定。12月初旬発売予定。

「う~ん、コレはマジ欲しいかも……」

でも、これ以上イスが増えてもな~。
駒沢公園にお出かけの際は、もう皆さんぜひ!
天童木工=柳宗理だけじゃないですぞ~!

【info】
(1)天童木工PLY
世田谷区深沢4-35-7 2F
http://www.tendo.ne.jp/ply/tendo_ply.html

東京オリンピック昭和39年に竣工した建物を
ジェームス・タレルの光の館などを手がけた
建築家石井大五がリノベーション。
中にはギャラリーもあって、
たまに門外不出の設計図なんかも展示。
ちなみにロゴデザインは、
タイクーングラフィックスがやってます。

(2)長大作
1921年生まれ。日本モダンデザインのパイオニア!
1947年 坂倉準三建築研究所に入所。
1960年 第12回ミラノ・トリエンナーレ展参加。
日本セクションの実施設計・家具出品。
出品作品の中の「低座イス」は
1961年に商品化され、今年で祝45周年。
1964年に「低座イス」Gマーク選定。
2001年 東京デザイナーズブロックで、
個展「リ・デザイン」を開催。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
高くても安くても、自分が一番しっくりくる椅子に出会いたいです。その椅子でおいしいコーヒーを飲みながら好きな音楽を聴いて自分時間を過ごす・・・。ガキンチョですが、そんな夢を持ってます。自分に無理しないけど素敵でいられる大人になりたいです。
2005/11/11(金) 01:18:35 | URL | tomomi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyocrusing.blog21.fc2.com/tb.php/8-dc771d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック