東京散歩クルージング
略して“TSC”(Tokyo Sanpo Crusing)“パリよりもNYよりも東京は面白い”をテーマに、クルージングコースやショップ情報、東京の裏ワザを公開する散歩バカの戯れ言ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
散策のサローネ【2】恐るべし、オルランディおばさん
20060420014614.jpg

AM9:30のポルタ・ジェノバ駅前。電線もグラフィカル!

20060420014630.jpg

悪趣味ギリギリ? 壁紙がナイスなトム・ディクソンの部屋。


ミラノ・サローネ初日。
フィエラのメイン会場の大混雑を見越して、
トルトーナ地区へエスケープ!

朝イチで出掛けた甲斐あって、
スーパースタジオでトム・ディクソンと半年振りに再会!
相変わらずの仏頂ヅラだったけど、とりあえず握手(笑)

その後、マルセル・ワンダースのmoooi
リック・オウエンスのアーティスティックな
プロダクトをチェックして、
スワロフスキーの会場へ。
うれしいことにココで CIBONEのプレスNさんと
F誌等で大活躍中のインテリアスタイリストS嬢と
無事感動の再会!
ムチャクチャうれしかった~、って、
東京で何日か前に会ったばっかりなのに(笑)
その後、ドラクエのようにパーティーを組み、
Nさんイチ押しのオルランディおばさんのショップへ。

で、気になるショップはというと
長い年月によってしか生まれないであろう
ゆるやかなバイブが心地よい空間。
恐らく築50年は軽くオーバー。
日本で言うと、味の出かたは京都の町屋といった風情。

緑に包まれた庭では、ストックホルムファニチャフェアでも
断トツ目立ってたFRONTのインスレーション。
中へ入ると、デザイナーそれぞれが
趣向を凝らしたプレゼンテーションを展開。

これには、もう
「お部屋の中がエレクトリカル・パレードや~」(彦麿呂風)
と大興奮。大好きなピート・へイン・イーク
バッタリ再会するなど、うれしいサプライズもありました。

それにしても恐るべしは、オルランディおばさん!
貴重なヴィンテージと最先端のデザインを
時間やテイストの壁を軽々と飛び越え、力技でスタイリング。
その高い美意識に感服するとともに、
その類い稀な編集力に完敗しました。

ニュートラルにモノを見ることの大切さを
何だか教えられた気がします。


【info】
20060420014647.jpg

Rossana Orlandi
Via Matteo Bandello 14/16, 20123, Milano
http://www.rossanaorlandi.com/
デザインショップの隣には、おばさんセレクトの洋服屋も。
こちらもシュアで「ふむふむ」なセレクトです!

「人気blogランキング」への投票、何卒よろしくDEATH!
↓クリック、プリーズ!↓
banner_02.gif

スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
ビバ!!
トラバありがとです!!
TBが更新の知らせ替わりになってますが...笑!
ボクがすっ飛ばして来たトコばかりで超楽しんでます!!
ガシガシTB願います!
2006/04/20(木) 12:42:26 | URL | e/ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyocrusing.blog21.fc2.com/tb.php/64-73f68289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック