東京散歩クルージング
略して“TSC”(Tokyo Sanpo Crusing)“パリよりもNYよりも東京は面白い”をテーマに、クルージングコースやショップ情報、東京の裏ワザを公開する散歩バカの戯れ言ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
散策の戦利品【24】limArtの木版
lim1.jpg


【品名】limArtの木版
【分類】印刷の記憶とヒストリー
【捕獲場所】limArt(恵比寿南)
【散財額】¥525(each)

1月18日(水)
午前中、撮影のため、今月2日にオープンしたばかりの
KAPITALの新店、「Duffle with KAPITAL」へ。
アメリカ橋のたもとにあった店も好きでしたが、
移転してさらに良くなった感じ。
靴を脱いで入るというシステムも最高!
撮影に来たにも関わらず、
すっかりくつろいでしまいした……(笑)

で、せっかく恵比寿南へ来たので、
「tamiser」経由で 「limArt」へ。
え~、編集者の端くれとして、
やっぱりインクや紙の匂いが好きなんですね。
本の内容どうこう言う前に、
本という存在が、もうたまらないんです。
図書館の黴臭い匂いとか、もうドキドキします。
これはちょっと、変質的な言い方だけど(笑)

だから、「limArt」に来るとホント落ち着きます。
置いてある本も、もちろん素晴らしいのだけれど、
まず、スタッフの本に対する並々ならぬ愛情を感じるわけです。
それは、ここを訪れるお客さんもそう。

「フムフム、ほ~」

そんな面持ちで本を選んでいる人たちを見ると
たまらなくうれしくなります。

「あ~、面白い本作りたいな~」

素直にそんなことを感じるわけです。
で、インクの滲んだ木版を購入。
昔の人は、これでどんな本を刷っていたんでしょう?
自分の想像力を刺激してくれる暖かいプロダクトです。

【info】
lim2.jpg

「limArt」
東京都渋谷区恵比寿南2-10-3  1F
12:00~20:00 (Close Monday)
TEL/03-3713-8670

アートブックとアンティーク家具を扱うアートショップ。
20世紀初頭から現在までのアートブックやタイポグラフィーを
ビジュアルとして捉えたビジュアルポエトリー、そして木版など
古き良き印刷技術や造本の魅力が伝わる美しい品揃え!
優しい自然光が差し込む空間もいいんですよね~。
「KAPITAL」「tamiser」「イコッカ」、
そして「limArt」。
ゆるりとした恵比寿南のバイブスにヤラレ放しデス。

「人気blogランキング」への投票、
何卒よろしくDEATH!
banner_02.gif

コッチも参戦開始デス!
b_03.gif

スポンサーサイト

テーマ:デザインアート - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
紙の匂いが伝わってきそうな、ホームページ。隅々までしっかりチェックしました~。
狙いを定めて上京の際に行ってまいります。
タイポグラフィー関連の本もいい品揃えですね。にやけてしまいます。
ネットでは拝見できない、家具や小物も楽しみです。感謝です!
2006/01/22(日) 22:53:13 | URL | 麻帆 #-[ 編集]
本という存在がたまらない・・・
私もそうなんです!なぜだか。
本屋さんの匂いは最高のアロマテラピー。

恵比寿南って気になります!
リムアート行ってみよー♪
イコッカにいこっか♪
2006/01/23(月) 23:38:34 | URL | tomomi #-[ 編集]
麻帆さん
上京の際は、タミゼやイコッカ、マルジェラなどとかませて是非! 
ちょっと歩けば、SOURCEも行けますよ。

tomomiさん
恵比寿南、いいですよ。
すご~くユルい感じが。
ぜひ、クルージングしてみて下さい!
2006/01/24(火) 18:59:23 | URL | マルタン #-[ 編集]
今年の冬は寒くなって雪降ったり急に暖かくなったり
変ですね!雪とか大丈夫ですか
2006/01/26(木) 03:47:26 | URL | (・ー・)ノ ウイウイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyocrusing.blog21.fc2.com/tb.php/50-b4e2edfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック