東京散歩クルージング
略して“TSC”(Tokyo Sanpo Crusing)“パリよりもNYよりも東京は面白い”をテーマに、クルージングコースやショップ情報、東京の裏ワザを公開する散歩バカの戯れ言ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
散策の音楽【7】AM2:00過ぎの『SOLO PIANO』
B000295SEC.jpg

【盤名】『SOLO PIANO』(2004年)
【演者】GONZALES
【分類】ポスト・エレクトロなピアニズム
【寸評】仏発! モノクロームな思索の調べ

HAPPY 3HOLIDAYSのド真ん中の夜、
いかがお過ごしですか?
皆さん、外を見てください!
今宵の東京は月がとっても綺麗デス。

こんな夜は、叙情的なピアノをパートナーに。
小粋なパリジャン、ゴンザレスが優しく紡ぎ出す、
メランコリックにして繊細なグルーウ゛は、
モノクロームな思索の調べ。

キース・ジャレットエリック・サティに通じる
サウンドスケープがココロの奥底を静かにノック。
「ぼ~っ」と自分と過ごしたいアナタに。
アルコールよりも、あったかいカフェ・オレが気分かもね。

【info】
gonzales.jpg

GONZALEES
Universal Jazz Franceのローラン・ビゾが作った
実験的なサブ・レーベル NO FORMATの第4弾。
カナダ出身、ベルリン経由で、
パリジャンになったゴンザレスは、
アーティストであり、コンポーザーでありプロデューサー。
2000年発表の 『GONZALES UBER ALLES』
英エレクトロ・シーンで高評価を獲得。
フランスでは、あのジェーン・バーキン
『RENDEZ-VOUS』やフィリップ・カトリーヌなどを
プロデュース!
コジャレたニクイあん畜生デス。


「人気blogランキング」への投票、
何卒よろしくDEATH!
banner_02.gif



スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
歌なしピアノだけって。
聴いたことがありません。
ぜひともチェックしてみたいと思います。
癒しのボーカルもの、おすすめありませんか?
2006/01/09(月) 22:14:34 | URL | 麻帆 #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
冬の凍えるような綺麗な月には、ピアノソロがよく似合いますよねぇ。
透明感つながりでしょうか・・・

さて、前回の記事の「テオブロマ」。
私も大好きで、あの辺うろうろしてます。
もしかしたら知らずにお会いしてるかもしれませんね(笑)
2006/01/10(火) 13:08:34 | URL | パンチ #-[ 編集]
成年後見制度
成年後見制度とは、高齢化社会の到来を迎え、判断能力を欠いた高齢者や精神的な障害者の不利益を回避し、これらの人たちの権利を保護するために2000年4月から施行された制度 http://mothers.stepuptechnologies.com/
2008/08/27(水) 00:17:06 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyocrusing.blog21.fc2.com/tb.php/44-7edd2cd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック