東京散歩クルージング
略して“TSC”(Tokyo Sanpo Crusing)“パリよりもNYよりも東京は面白い”をテーマに、クルージングコースやショップ情報、東京の裏ワザを公開する散歩バカの戯れ言ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
散策のフォトグラフ【3】目黒区の「目黒銀座」
20051229234657.jpg

20051229234710.jpg


ブログを始めて約1ヶ月半。
みなさんに支えられ、遂に来場者1万人突破!

本当にアリガトウゴザイマス。

写真の商店街のようにザワザワと、
人がフラッと集まる場所になるよう
今後とも頑張っていく所存でございます。

ということで年内の更新は今日で終了予定。
正月はしばしPCの前を離れようかと。
新年は1月4日より営業予定です。

それでは、今後とも何卒DEATH!
皆さん楽しいNEW YEARを!








スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

散策の戦利品【18】丸善のステーショナリー
20051227041647.jpg

20051227041702.jpg

【品目】丸善のブックバック&レターヘッド
【分類】文学被れのマストアイテム
【捕獲場所】丸善・日本橋
【散財額】ブックトート¥525、
     レターヘッド・左/¥210、右/¥263

さっきのblogの続きであります。
マンダリンオリエンタル東京の視察に来たついでに、
久々に日本橋の「丸善」へ。

ここ「丸善」は自分的には「青山ブックセンター」
(以下ABC)と並んで特別な本屋のひとつ。
ABCは大学時代のバイト先。
当時よくお客で来ていたオザケンやスチャダラパーの
ボーズ君の買っていった本を真似して読んでました。
ハヤカワミステリの「気狂いピエロ」とか、
ボリス・ウ゛ィアンの「うたかたの日々」とかね。

で、話は戻りますが、「丸善」は中学生の頃読んだ
梶井基次郎の「檸檬」がきっかけで、
その当時から、ずっと憧れてた本屋なんです。
だってモダンな香りがするでしょ。
残念ながら、「檸檬」の舞台になった京都店は
閉店してしまったけど、高校生の頃から、
ちょくちょく文豪気取りで原稿用紙を
買ったりとかしてましたね~。
「オッ、これ漱石も使ってたんだ~」とか言って。
もちろん、大学の卒業論文の
原稿用紙でもお世話になりました。

で、久しぶりにチェックしたところ、あるんだなコレが。
自分が高校生の時に嬉々として買っていた
ブックバックとレターヘッドが今も変わらず置いてある。
たかたが12、3年、されど、ですよ。
でも、全く年月なんて関係なし。
それが何だかウレシくて、手紙を書く宛もないのに、
レターヘッドとブックトート迷わずゲットしました。

何だか久しぶりにノスタルジックな気分になったりして。
でもこういう買い物もたまには、悪くないな~。

【info】
c0042960_20155785.jpg

丸善・日本橋店

東京都中央区日本橋 2-3-10
営業時間:10:00-20:00
日・祝日:10:00-19:00
https://www.maruzen.co.jp/shop/serverroot/index.htm
創業1869年ですよ、皆さん。
その重みヤバくないすか!
ある意味、日本の文学自体を支えてきたわけで。
もう、その存在自体を自分は
リスペクトさせてもらいます!





テーマ:かわいい雑貨 - ジャンル:趣味・実用

散策のフォトグラフ【2】東京都中央区日本橋
20051227005537.jpg

20051227005553.jpg

20051227005603.jpg

20051227005614.jpg

12月25日(日)の夕刻、
フト思い立って、日本橋へ。
マンダリンを擁する三井タワーのスケールにたまげながら、
この街を守る(?)、ライオン&獅子をシューティング。
ん~、お江戸でござる、着々と進化中ナリ。



テーマ:街の写真 - ジャンル:写真

散策の音楽【6】クリスマスなJAZZ!『Love,Oh Love』
andrew_vinc_loveohlov_101b.jpg

【盤名】『Love Oh,Love』(1983年)
【演者】Vince Andrews(ウ゛ィンス・アンドリュース)
【分類】ハッピー・ジャスの最高峰!
【寸評】クリスマスなJAZZでココロもホクホク

日付け変わって、12月25日(日)
皆さん、メリー・クリスマス!
いや~、それにしても、昨日は白いコートに
ロングブーツのギャルが多かったですね。
あれは、クリスマスの制服なんでしょうか?

黒い発言はこの辺にして、
今宵はクリスマスにピッタシなJAZZを一発!
そう、いわくつきのアレです。
レコード番長こと、須永さんのキラー・チューンにして、
過去オリジナルが10万円以上の
ハイパー・プライスで取り引きされていた
ウ゛ィンス・アンドリュースの『Love Oh,Love』!

で、トドメはやはり「Love Oh,Love」!!
もう、イントロだけで、
みんなのハートをギュッギュッと鷲掴み!
走るハモンドオルガン&サビで昇天間違いナシ!
別にクリスマスソングじゃないんだけど、
とってもチャーミングでハートウォーミング。
自分的にはジョン&ヨーコのハッピークリスマスと
双璧を成すクリスマスソングに認定してマス。

ねぇ、知ってた? 
実は25日がホントのクリスマス。
ぜひ、家族と聴いて暖かい時間を過ごしてください!

【info】
Vince Andrews(ウ゛ィンス・アンドリュース)
オハイオで活動し、ジャズ・サックス奏者であり
ヴォーカリストでもあるウ゛ィンス・アンドリュース。
『Love Oh,Love』は、そんな彼が83年に
自らのレーベルよりリリースした初リーダー作。
ブルージーな「MERRY CHRISTMAS BABY」も収録。
サックスの音が優しいんだな~、これが!

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

散策の戦利品【番外編】クロエカフェのノベルティ
20051223152259.jpg

20051223152316.jpg

【品名】クロエカフェのノベルティ
【分類】ギャル垂涎のキラー・ブランド
【捕獲場所】クロエカフェ(青山)
【散財額】記念にパチリ

昨夜、時計の針が11時になろうかという頃、
会社の後輩ギャルが急いで会社を飛び出し、
タクシーで夜の表参道へと消えていった。

そう、彼女の行き先は、
今、胸キュンスポットとして
話題を呼んでいる「クロエカフェ」。
残念ながら着いた頃には、
パーティは終わっていたようだけど、
ノベルティはしっかりゲット!
「あなたはエラい!」

っていうことで、
会社に戻って来たところを記念撮影。
気になる中身はというと、
ビニールポーチ&iチューンミュージックカード。

いけてるのか、いけてないのかはさておき、
恐るべき、Chloeのロゴマジック!
何かコレだけで、かわいく見えちゃうもんね~。
この神通力は果たして、どのくらい続くのでしょうか?

【info】
phm_1.jpg

クロエカフェ
東京都港区北青山3-11-7
営業時間/11:00~23:00
tel. 03-4335-1751

1月14日の「クロエ青山店」オープンを
記念して、12月1日~1月16日まで
期間限定で営業中の「クロエカフェ」。
ピュアホワイトな内装がクール。
さすがに男子一人でお茶するには、
勇気がいるスポットであります!

テーマ:おしゃれ&かわいいもの日記 - ジャンル:ファッション・ブランド

散策の戦利品【17】Jamieson'sのニットリストバンド
20051222004813.jpg

20051222004824.jpg

【品名】Jamieson'sのニットリストバンド
【分類】トラディショナルなストリートギア
【捕獲場所】ユーカリプタス(下北沢・一番街)
【散在額】確か¥1980

マイホームタウンこと下北沢が
補助54号線問題で揺れている。
そのことについては、改めて書くつもりだけど、
見慣れた風景、何よりそこに住む人のメンタリティや
街を包み込む空気が異質な物の介在によって、
否応無く変質させられていく姿はちょっと淋しい。
まあ、どっちもどっち、
立場が変われば考えが違うのも、
もちろん分かるんだけど。

で、話は変わりますが、
そんなシモキタの一番街にある「ユーカリプタス」で
発見したのが、フェアアイル柄のニットのリストバンド。
なぜだか、昔からフェアアイルやアーガイルといった
トラディショナルなパターンが好きで、
冬になると自然と手に取りたくなる。
コレはもうある意味、条件反射みたいなもの。

ニットだと下手するとオヤジ臭くなっちゃうけど、
リストバンドってのが結構良くないですか?
自分的には、グローブ的に袖口からチラリ。
エッヘン、柄をさり気なくアピールしてます。

【info】
20051223023147.jpg

1)Jamieson's(ジャーミン)
1890年創業のイギリスのニットブランド。
そう、なにげに老舗がこういうの作ってるのが、いいでしょ!
フェアアイルのパターン、色使いもビューティフル!
もちろんシェットランドウールでございます。
ちなみに先日「BEAMS BOY」でも扱っているのを発見。
かわいくヌクヌクしたいギャルへのプレゼントにも!


2)ユーカリプタス
世田谷区北沢2-32-4
03-3466-1626
http://www.able-e.com/
エンジニアドガーメンツなどのネペンテスもの、
USAのインポ-トなどが充実。
最近ではグゥアテマラのルームシューズもかわいかったです。
詳しくは、ホームページのブログをチェキ!




テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

散策の記録【6】「DEAN&DELUCA」 のレセプション!
20051221111804.jpg

20051221111823.jpg

20051221111838.jpg


12月20日(火)の20時過ぎ。
外苑前のベルコモンズに今日(21日)オープンした
『DEAN&DELUCA AOYAMA』のレセプションパーティーに。
生活圏内にD&Dのカフェが出来るってことで、
もう、マジで楽しみにしてました!

気になるインテリアデザインを手がけたのは、
『100%DESIGN TOKYO』のD&Dカフェも手がけた森田恭通。
先日のコップを使ったロハスなシャンデリアに対し、
こちらはショッピングバッグのシャンデリア攻撃!
チョコレートの包み紙を彷彿とさせる
ギラギラ仕様の天井は、ネオクラシック。
エッジなディテールが、シックな空間に遊びと動きをプラス。
心配してたドギツイ(失礼!)感じもなく、
ホッと胸をなで下ろしました。
マジ、なかなか大人味でいい感じです。

品川店の人気バリスタのコーヒーが飲みたかったんだけど、
残念ながらホットチョコレートで我慢。
(っていうか、コレも無茶苦茶おいしいんだけど)
近いうちに再訪を決意しました。 

で、店出て、しばらくした後、大事なことを思い出す。
「ヤベ!、お土産貰ってくんの忘れた(泣)」
気づいた時は、もう後のフェスティバル。
ぬぉ~、何やってんのよ、オレ! 合掌。


【info】
20051221111851.jpg

『DEAN&DELUCA AOYAMA』
東京都港区北青山2-14-6 青山ベルコモンズ1F
TEL.03-3475-8005
http://www.deandeluca.co.jp/

シボネやhh、それにAIDECにカッシーナなど、
インテリアショップと抱き合わせで行っちゃってください!
年末には、青山に続き羽田空港にもカフェが出来るみたい。
飛行機にて帰省される方、要チェキです。








テーマ:おすすめ情報・お買得情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

散策のフォトグラフ【1】東京都中央区月島2丁目
CIMG0154.jpg

CIMG0170.jpg

CIMG0171.jpg

CIMG0168.jpg

CIMG0195.jpg

今日から3日間、月島のスタジオに篭城開始。
AM6:00からPM3:00までの光の変遷。
下町がブルックリンに思えた瞬間。
12月15日(木)東京都中央区月島2丁目。
本日は晴天ナリ。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

散策の戦利品【16】石井直人の土鍋
20051214235410.jpg

【品名】石井直人の土鍋、越前タタラ窯変小鉢
【分類】ジャパニーズ・モダンな丹波の焼きもの
【捕獲場所】1/2 SHELF(南青山)
【散財額】左/¥26,250、右/¥9,450也

少し前のことだけど、土鍋を買った。
「エッ、土鍋!?」
驚かれるかもしれないけど、
別に特別欲しかったワケでもないし、
存在すら忘れてたぐらいだから、
正直自分でもビックリ。

人でもモノでも衝撃の出会いというか
思いがけないことが起こるから、人生って面白い。

それは、2週間ほど前の日曜日のこと。
仕事の合間に久しぶりに南青山の雑貨屋
「1/2 SHELF」に立ち寄った。
お店のドアを開けると、眼に飛び込んできたのは、
様々なフォルムの土鍋や小鉢。
その朴訥として、優美。
素朴でいて、温もり溢れるフォルムに
一瞬にして心をわしづかみに!

聞けば、京都丹波の陶芸家、
石井直人さんの作品とのこと。
炊飯器が壊れ、ルクルーゼで米を炊いていたため、
そろそろ象印、タイガーの軍門に下るべきか
考えていた自分にとって、
炊飯用の土鍋との出会いはまさに運命!

じっくり見て、触って30分ほど悩んだあげく、遂に決心。
「オレは土鍋でメシを食っていく」と
腹を括り、購入することに。
勢いあまって、小鉢も合わせてゲットしました!

価値のない人には、たぶん価値のないモノ。
だけど、自分にとっては特別な意味を持ちそうなモノ。
こういう内なる贅沢というか、
天の邪鬼な買い物が最近楽しい。
でも、本当においしいんだから、コレで炊いたご飯!
分かってくれる人、いるかな~。

【info】
20051214235345.jpg

「1/2 SHELF」
東京都港区南青山5-17-6 青山グリーンハイツ1F
TEL&FAX:03-5766-9830
http://www5f.biglobe.ne.jp/~demishelf/index.html
骨董通りから一本入った静かな住宅街にある雑貨店。
オーナーがすごく素敵で小さいけれど、
とてもセンスが良くて、発信力のあるショップ。
ちょこちょこリネンとか、よく買ってマス。
今回紹介した土鍋は、12月6日まで開催されてた
陶芸家、石井直人さんの作品展で購入したもの。
石井さんは、京都の丹波に登り窯を持つ陶芸家。
そのモダンで、繊細な感性。
美意識にもう熱烈傾倒中デス。

テーマ:雑貨 - ジャンル:趣味・実用

散策の音楽【5】GAINSBOURG『Sea,Sex and Sun』
CIMG0133.jpg

CIMG0139.jpg

CIMG0135.jpg


13日(火)AM2:30 都内を出発。
早朝ロケのため、葉山の「アリスヴィラリゾート」へ。
今回のロケ地となったこの場所は、ウエディングも出来る
料理の鉄人、石鍋シェフのレストラン。

葉山御用邸から横須賀方面に向かった134号線沿い。
テラスから海が一望できる抜群のロケーション。
光に恵まれることを祈りつつ、4時着で撮影準備。

すると次第に刻一刻とサンライズ!
眼前には富士山、右に江ノ島。
まさに期待通りのオーシャン・ビュー!
穏やかな海、光る水面に寝不足頭も興奮状態!

その後も移り行く光、ダイナミックな雲を
ぼうっと眺めつつ、カメラマンの横で
真冬の空を幾度となくシューティング。
っていうか、もう完璧に気分は夏。
 
「編集の神様アリガトウ!」

頭の中では、永遠のマイ・ヒーロー、
フランスが生んだ変態オヤジ、セルジュ・ゲンズブールの
『Sea,Sex and Sun』がグルグル巡る。
もう自分の中では、葉山がいつのまにか
サントロペになってた(笑)

にしても、空っていくつぐらい顔があるんだろう?
それは、女のコもだけどね。

【info】
images.jpg

Serge Gainsbourg(セルジュ・ゲンズブール)
寝ぼけ眼に、無精ひげ。攻撃的で、猥褻で、ナンセンスで、
屈折していて、耽美的。酒とタバコと女を愛した
フランスの元祖ちょい悪オヤジ。偉大なコンポーザーであり、
シンガーであり、映画監督であり、男であったゲンズブール。
坂本龍馬同様、いつまでも変わることないマイ・ヒーロー!

sex.jpg

『Sea,Sex and Sun』
最初、聴いた時はあまりの直球勝負に「なんじゃコリャ!」
でも、これが次第に癖になるんだな~。
自分の中では、夏の日のよく冷えたペリエとか
南仏のヴァカンスのイメージ。ちょいエロね。





テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

散策のBooks【2】カイ・ボイセンのABE
20051212184519.jpg

CIMG0115.jpg

【品目】『ABE』
【分類】お猿さんの実写版!
【捕獲場所】新木場ALスタジオ

金曜日から昨日まで、撮影のため
ずっと新木場のスタジオにこもってました。
天気にも恵まれたのと、スタジオのすぐ横が海という
ナイスなロケーションだったので、
落ち込むことなく、NYのロフトにいる気分で楽しみました。

で、今日紹介するのは、
ワールド・フェイマスな木の玩具、
カイ・ボイセンのお猿さんをフィーチャーした
実写版の絵本(正確には写真本だけど)。
あのお猿さんが、気球に乗ったり、
魚釣りに行ったり、探検に行ったりと、
アクティブに人生楽しんでる感じが最高!
「お~、コレは欲しい!!」

実はこの本、今回の撮影で苦楽を友にする
インテリアスタイリストの作原文子さんが
現場に持ってきてくれたもの。

「こういう本を一生懸命作ってる大人っていいよね」

作原さんのおっしゃる通り、
大人になってもユーモアと遊び心は忘れたくないもの。
そんなクリエイターにオイラもなりたい!

【info】
カイ・ボイセン
im_kb2.jpg

銀細工師のパイオニアとして
世界にその名を馳せるカイ・ボイセン。
カトラリー「Grand Prixシリーズ」は、
今も世界中で愛されるマスターピース。
もちろん、デンマーク王室御用達!

木製玩具 お猿さん
pa_kb-250b[1].jpg

おどけた表情とプックリとした白いおなかがシンボル。
1951年の発売開始から世界で愛される人気者。
同じくカイ・ボイセンが手がけた象さんよりも
衛兵隊よりもヤッパリ猿が好き!

テーマ:雑貨 - ジャンル:趣味・実用

散策のアート【1】天明屋尚の任侠芸術
Tattoo-m.jpg

Tatoo Man's Battle, 1996
pandora.jpg

Pandra's Box, 1996

【品目】ネオ日本画絵師の任侠芸術
【作者】天明屋尚
【分類】武闘派
【寸評】平成の傾奇者

現代アートの世界で闘い続ける
マイ・フェイバリットなアーティスト、天明屋尚。
インタビューをさせて頂いて、
さらに彼の世界にどっぷりハマり、
そのアートピースから、
しばしば闘魂を注入してもらってマス。

刻まれた刺青(文身)の龍が体を抜け出し
「分身」となり、天空高く舞い上がる。
そんな離脱のモーメントを精緻に描いた
近作『BUNSHIN』にもヤラレました。

「オレも分身してえ~」

当方、久々に仕事、テンパっております(泣)

【info】
21584.jpg

1966年東京生まれ。
独学で絵画を学び、日本伝統美術を継承、
破壊、進化させ、あらゆる芸術や権威と闘うべく、
日本伝統美術の流派を皮肉り、
絵で闘う流派『武闘派』を旗揚げ。
ドイツ・ワールドカップのプロジェクトの一貫として、
FIFAが世界中から選んだ14人のアーティストのうち、
唯一の日本人として選ばれ、ポスターを描く!

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

散策の戦利品【15】『PHILOSOPHY'ZINE』
20051207010005.jpg

20051207010026.jpg

【品名】『PHILOSOPHY'ZINE』No.1
【分類】都市生活者のための新しいメディア
【捕獲場所】郵送にて
【散財額】Free! 0円!

昨夜遅く、会社に戻ったら、
首を長くして待ちわびていた
フリーペーパー『PHILOSOPHY'ZINE』の
No.1がネイバーフッドより届いていた。

0号が想像以上のモノだったせいもあって、
興奮気味に急いで封を切った。
真っ先に目に飛び込んできたのは、
表紙に打たれた“CRAFT WITH PRIDE”という
シンプルで強い、ストレートなメッセージ。

その言葉に編集長を務める
WTAPSのデザイナー、TET氏の
変わらぬ意志とハートの強さを感じる。

内なるソウルが発露した誌面。
正直かつ真っ当なモノ作り。
オンナや子供を寄せ付けない
圧倒的男臭さに、もう強烈シンパシー。

影ながら、応援させて頂きます!

【info】
20051207010039.jpg

『PHILOSOPHY'ZINE』
去る6月11日に閉店した原宿の書店
「フィロソフィー」がフリーペーパーとして再出発。
都市生活者に、本当に必要だと思う情報を
TET氏が鋭角な編集方針で、アウトプット。
これから、どんなメディアに成長していくのか、
もの凄く楽しみな雑誌です。





テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

散策の戦利品【14】ジョン・ガリアーノのDiptyque
20051206020932.jpg

【品名】ジョン・ガリアーノのDiptyque
【分類】安らぎモード・フレグランス
【捕獲場所】ユナイテッドアローズ
【散在額】¥6000ぐらいだったハズ。

今日も深くなってきましたね。
しかも、もうすぐクリスマスですよ!
ということで、今宵は昔から愛用している
キャンドル“Diptyque”を紹介します。

告白しますが、何を隠そうオリーブおやじなので、
この手のモノには昔から目がありません。
このキャンドルと初めて出会ったのは、
代官山に「A.P.C.」が出来た頃だから、
かれこれもう10年以上前のこと。

最初は、ジャケットにヤラれて買ったんだけど、
そのほんのり揺れる炎と優しい香りが気に入って、
以来、いろんな香りにチャレンジ。
すっかりマイ定番としての地位を確立しています。

で、写真は「エッセンス オブ ジョン・ガリアーノ」。
あのファッションデザイナー、ジョン・ガリアーノに
「エルメス」や「ミュグレー」などのパフュームも
担当する調香師、オリビア・ジャコベッティが
オマージュを捧げた香り。
彼をイメージして「暖かさ」「深み」「神秘」に
こだわってブレンド。木の香り(ウッディノート)を
主体にアイリスとバニラムスクでわずかに色づけ。
アヴァンギャルドな彼の世界観と裏腹に
ソフトな香りが異常に和みまくりです。

たまには、炎ゆらゆら、
香りにクラクラ、そんな夜過ごして~な~……。

【info】
Diptyque(ディプティック)
http://www.woodruffs.co.uk/asp/probrands.asp?brand=Diptyque
1961年に創業。ボザール出身の創業者が
ショーケースに作品を陳列しスタート。
1963年に発表したフレグランスキャンドルが一躍人気になり、
世界中のファッション界、芸能界、セレブの御用達に
(ミッテラン大統領、ベッカム、ナオミ・キャンベルなど)。
自分はよくユナイテッドアローズで買ってます!

ジョン・ガリアーノ
http://www.fashion-j.com/bbs/JohnGaliarno.html
モード界のブン回しエンターテイナー。
一度はショーを見てみたい。
超スペクタルらしいス。






テーマ:有名人愛用のアイテム - ジャンル:ファッション・ブランド

散策の音楽【4】北欧JAZZ!  カーリン・クローグ
4995879220610.jpg

【盤名】『WE COULD BE FLYING』(1974年)
【演者】KARIN KROG(カーリン・クローグ)
【分類】北欧産ジャズ・ボーカルの最高到達点!
【寸評】ファットビート&ユニークボイスで飛翔

深夜にひとり、インターネットで
北欧のヴィンテージ雑貨(焼きもの系)の世界を
散策してたら、久々にコレが無性に聴きたくなって、
CD棚の奥から引っぱり出してきました!

その昔、再発CDが出る前は、
オリジナルは軽く5万円オーバーで、
取り引きされていたという
ノルウェイのジャズボーカリスト、
カーリン・クローグの74年の最高傑作。

バックを務めるのはスティーヴ・キューン・トリオ。
ちょっと桃井かおり的な気怠い彼女の歌声と
アコピやフェンダー・ローズの絡みがクール!
自分的にはフロアチューンとしても人気の高い
サンバジャズの最高峰、「Raindrops,Raindrops」に
もうメロメロメロ~マッドネス。
テンダネスな「Meaning of Love」や
ジョニ・ミッチェルのカバーも泣かせます。
とにかく、ロックからブラジルまで
クロスオーバーしまくりでお腹いっぱい。

にしても、自分の生まれた年に
こんなアルバムが出てたなんてね。
恐るべしスカンジナビア。
やっぱ、AM2:00過ぎるとジャズですな~。

【info】
krog_3_tbn.jpg


KARIN KROG(カーリン・クローグ)
http://www.karinkrog.no/
1937年ノルウェー・オスロ生まれのヴォーカリスト。
本国では、国民的な歌手らしいです。
にしても、ジャケットもヤバくないすか、コレ?
オーラ出しまくりのシュールなヴィジュアルに、
美輪さんもきっとビックリですよ、絶対!
自分にとって、永遠のエバーグリーンです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

散策の戦利品【13】greenのデニム
green.jpg

20051201234800.jpg

【品名】greenのデニム
【分類】レディスだけど、セレブじゃない!
【捕獲場所】green&Color by numbers
【散財額】すんません、忘れちまった……

何だかスゴい人気ですね~、green。
今から2年ほど前に「celux」の取材で
ブランドの存在を知って、レディスのデニムを即買い!
以来、ワードローブには欠かせないアイテムとなった
greenのデニム(ダメージ&ストレートの2本を愛用)。

恵比寿に行くたびに、レディスだと分かっていながら、
ついついショップをチェック。
ちなみに、古着屋の「スタンダードカリフォルニア」
「2ndブーム」と抱き合わせで
クルージングするのが、マイ定番コース。
あと、帽子屋の「クール」も!

で、話は戻りますが、greenのお店に行くたびに
「メンズもやってくんないかな~」
と、フラストレーションの溜まる日々が続いていました…↓

[散策の戦利品【13】greenのデニム]の続きを読む

テーマ:ジーンズ・デニム - ジャンル:ファッション・ブランド