東京散歩クルージング
略して“TSC”(Tokyo Sanpo Crusing)“パリよりもNYよりも東京は面白い”をテーマに、クルージングコースやショップ情報、東京の裏ワザを公開する散歩バカの戯れ言ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
散策の記録【6】「DEAN&DELUCA」 のレセプション!
20051221111804.jpg

20051221111823.jpg

20051221111838.jpg


12月20日(火)の20時過ぎ。
外苑前のベルコモンズに今日(21日)オープンした
『DEAN&DELUCA AOYAMA』のレセプションパーティーに。
生活圏内にD&Dのカフェが出来るってことで、
もう、マジで楽しみにしてました!

気になるインテリアデザインを手がけたのは、
『100%DESIGN TOKYO』のD&Dカフェも手がけた森田恭通。
先日のコップを使ったロハスなシャンデリアに対し、
こちらはショッピングバッグのシャンデリア攻撃!
チョコレートの包み紙を彷彿とさせる
ギラギラ仕様の天井は、ネオクラシック。
エッジなディテールが、シックな空間に遊びと動きをプラス。
心配してたドギツイ(失礼!)感じもなく、
ホッと胸をなで下ろしました。
マジ、なかなか大人味でいい感じです。

品川店の人気バリスタのコーヒーが飲みたかったんだけど、
残念ながらホットチョコレートで我慢。
(っていうか、コレも無茶苦茶おいしいんだけど)
近いうちに再訪を決意しました。 

で、店出て、しばらくした後、大事なことを思い出す。
「ヤベ!、お土産貰ってくんの忘れた(泣)」
気づいた時は、もう後のフェスティバル。
ぬぉ~、何やってんのよ、オレ! 合掌。


【info】
20051221111851.jpg

『DEAN&DELUCA AOYAMA』
東京都港区北青山2-14-6 青山ベルコモンズ1F
TEL.03-3475-8005
http://www.deandeluca.co.jp/

シボネやhh、それにAIDECにカッシーナなど、
インテリアショップと抱き合わせで行っちゃってください!
年末には、青山に続き羽田空港にもカフェが出来るみたい。
飛行機にて帰省される方、要チェキです。








スポンサーサイト

テーマ:おすすめ情報・お買得情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

散策の記録【5】アウグスト・ザンダー展
20051115194415.jpg

今日は昨日の続きということで、
「東京国立近代美術館」の2Fギャラリーで
開催中の写真展「アウグスト・ザンダー展」をレポート。

今から7~8年前、知人の洋服デザイナーの人から
写真集『時代の顔』を見せて貰ったのが、
この人を知ったきっかけです。
でも、その頃は写真よりも、
被写体が着ている洋服や着こなし、
つまりはファッションが気になって、
ちゃんと写真を見てなかった。
ごめんなさい。

写真集の中で、ワイマール共和国時代のドイツ社会に
生きる人々を農民、職人、女性、階級と職業、
てな具合に7つのグループに分類。
“20世紀の人間”像をポートレートに
写し出そうとしたザンダー。
今回の写真展では、セルフポートレートを含む
61点の作品が展示されていた。

ビックリしたのは、「コレ、いつ撮ったの?」って
思うほど、写真が全然古くない。
(すべてが1920年代に撮られたポートレート)
もちろん、写真の中の人たちは死んじゃってるし、
洋服も当然、古臭いんだけど、
表現としては、今でも全然行けんじゃんって感じ。

そして、やっぱりグッとくるのは、
中産階級のビジネスマンや役人の写真より、
レンガ職人やボクサー、といったガテン系!
もうキャラが強いのなんのって。
ストレートに生き様が出ててカッコいい!
個人的なイチバンのお気に入りは、
“失業中の船乗り”。
て、いうかタイトルも良くない?

いや~、写真ってすごいすね。
ちなみに展覧会の英題は“Face of Our Time”。
コレ絶対、間違いないです。

【info】
20051115194402.jpg

アウグスト・ザンダー展

会場:東京国立近代美術館[2Fギャラリー4]
   千代田区北の丸公園3-1 tel.03-5777-8600
http://www.momat.go.jp
会期:~2005年12月18日(日)

¥650で「ドイツ写真の現在」と
「アウグスト・ザンダー展」が
ダブルで見れます。コレ、安くない?

テーマ:アートな作品 - ジャンル:写真

散策の記録【4】ドイツ写真の現在
20051114223006.jpg

20051114223036.jpg

20051114223052.jpg

11月13日、サニーデイ・サンデー。
“ドイツ写真の現在ー
かわりゆく「現実」と向かいあうために”を
見学しに「東京国立近代美術館」へ。

なのに、何を勘違いしたのか
「国立西洋美術館」と間違えて、上野で下車。
「ひさびさにコルビジェ見れたから、まあ、いっか~」
と開き直り、しばし建物をアウトサイドから鑑賞。
気を取り直して、竹橋の「東京国立近代美術館」へ。

「で、何でドイツの写真なの~?」

とりあえず、説明しときます。
(以下、リリース要約)

1990年代以降、ドイツの現代写真は、
「ベッヒャー派」と呼ばれる
デュセルドルフ美術アカデミー出身の作家たちを
中心に国際的に高い評価を得てきました。
そして、写真というメディアの特質を生かし、
外界を精密に分析する作品によって、
現代美術の世界で注目を集めています。
ベルリンの壁崩壊や東西の再統一に始まる
歴史的な変革も、ドイツ現代写真を考えるうえで、
欠かすことの出来ない重要な側面と言えます。
本展は、多彩な展開を見せるドイツ写真の現在を、
「現実」に対して様々なアプローチを
試みている10人の作家たちの
作品によって紹介していきます。

難しいことはよく分からないが、
ど~やら、そういうことらしい。
では、本展で気になった作家について…。

(1)ベルント&ヒラ・ベッヒャー
近代産業建築を「無名の彫刻」と位置づけ、
一定の構図で撮影。機能や構造別に分類した
「タイポロジー(類型学)」を象徴する
作品“採掘塔”がクール。集積されることで、
ひとつひとつの写真の意味は完全消滅。
15枚の写真が浮かび上がらせるのは、
近代のオブジェか、それとも負の遺物か?

(2)アンドレアス・グルスキー
本日のお目当て、ナンバー・ワン!
壁を覆い尽くす、もうアホみたいにデカいプリント。
「世界はオレ様のもの!」的な征服欲出まくりの
スーパー俯瞰によって、フィギュアと化した人間。
強烈なエゴイズムがビシバシ伝わる
パノラマミックな写真の超スペクタクル!
「お~、グルスキー、アンタはスゲ~よ」

(3)トーマス・デマンド
今年の5月、NYのMOMAで個展を見てから超意識!
歴史的な事件や報道写真をモチーフに
すでに既視感のある部屋や空間を
原寸大の紙模型で作製。
そんでもってそれをシュートするという
重ね重ねのギミック野郎! 
絶対零度、掴みどころのないリアリティ。
「何か怖え~」、でもこの感じ嫌いじゃない。

(4)ヴォルフガング・ティルマンス
お目当て、ナンバー・ツー!
言わずと知れた人気者のティルマンス。
誰にも撮れそうで、撮れない奇跡のスナップショット!
壁のホワイトが作品の面積より多い、
“ミュンヘン・インスタレーション”良かった~。
花の写真“Podium”、マジ欲しい~。

(5)ロレッタ・ルックス
もう、コイツはたぶん変態のロリコン野郎。
被写体となる子供の洋服を自らスタイリング。
背景を別に撮影して、おいおいデジタル合成。
子供を妙に大きくフィーチャーしてるから、
背景とのバランス感がどこかおかしい。
子供への偏愛、そして妄想の産物。
その思いの丈、しかと受け取りました。

てな、感じでハイライトを勝手にレビュー。
もう、作品全部見終わった瞬間、
ドイツ人のメンタリティ何となく掴めた気がした。

何のコッチャって感じかもしれませんが、
写真に興味のない人も、ドイツなる写真の「現実」に
思いっきり、ぶっ飛ばされちゃってください!

ということで、明日は2Fで同時開催している
ドイツ写真の源流「アウグスト・ザンダー」展を
勝手にアナライズ&レビュー。
まだまだ続きます、まだまだ続きます!

【info】
20051114223020.jpg


“ドイツ写真の現在”
変わりゆく「現実」と向かいあうために

会場:東京国立近代美術館
   千代田区北の丸公園3-1 tel.03-5777-8600
http://www.momat.go.jp
会期:~2005年12月18日(日)
料金:¥650


北の丸公園に隣接したナイスなロケーション。
ちなみにこの写真展の図録かなり良し。
雑誌「流行通信」のアートディレクター、
服部一成さんが手がけてマス。

そういえば、GR-Dのブログで紹介されてた
オンライン写真展も興味深いですよ。
GR-D欲しいッす



テーマ:アートな作品 - ジャンル:写真